昔からの電灯

これからのLED

水銀灯には、それぞれに特徴があり、まず水銀灯は消費電力400W、寿命は12000時間です。発熱度が300度から400度と高く、2キロ以上の重みがあります。 一方LEDは、消費電力が100Wから130W、寿命は40000時間と水銀灯より長く、光の色合いはLEDの方が自然です。もちろん発熱度は低く、100度もないのが特徴です。重さも水銀灯より軽いため、料金的にもお得となっています。 環境だけでなく、経済的にもお得なLED照明は、大手から中小企業まで人気が出てきており、水銀灯を取り替えてLED照明にする利用者が増えています。そのため照明を取り扱う業者も、LED照明への変更をお勧めとしています。

大型電灯を扱う人たち

水銀灯やLED照明など、照明機器を扱う業者は、昔から色々あります。 たとえば、工場の照明機器を取り扱う業者、道路の照明を扱う業者、公共施設である体育館の施設点検業者、トンネルやホテル、ショッピングモールなど、24時間動いている現代では、大型電灯の活躍の場は、たくさんあります。またイベントなど、大型照明がLEDを使い活躍しており、映像の分野でも活躍しています。大型電灯を扱う業界は、非常に大きいのです。 一方水銀灯は、蛍光灯などメーカーが生産しているものの、徐々に生産を減らしています。販売店もその取り扱い数を減らし、扱う人も減っています。 とはいえ、照明生産メーカーでは、水銀灯を使っていた時代を懐かしむ人たちのため、水銀灯風LED照明を発売するなど、その存在を残しつつあります。