自分で組み立る

新しく家具を購入したところ

結婚を機に新しい家に住み替える事になり、家具も新しく買い替える事にしました。殆どの家具を買い替えたり、また今まで無かったものを買い足したりしたのですが、ベッド、ダイニングテーブル、イス、TVボード、食器棚、と購入した中ではTVボードと食器棚のみ完成された状態で他は各パーツに分かれおりDIYで組み立てる物でした。またソファも新しく購入したのですが、こちらも若干のDIY的な要素があり、こちらは業者の人が組み立ててくるのですが、やはり持ち運びの都合や商品の耐久性の問題もあって各パーツにしておいた方がメリットが多いのかもしれません。ただ、やはり海外生産の家具は輸送の問題やコストの問題もあってか、DIYイコール組み立て式の家具が多い様に思います。

手入れをすれば長持ちするのか

DIY家具となると、それこそオリジナル性がある物になるため愛着も他の物と比較すると高いものになり長持ちする要素が高いかもしれませんが、一般的な組み立て式の家具はやはり長持ちするのかという風に考えると、やはり日々の手入れ次第だと思います。頻繁に接する部分や可動する部分、摩耗する部分、物を使うというのはそれだけ経年変化を起こすという事はきちんと念頭に置く必要があります。また中には経験変化をひとつのオシャレとして捉え、それが物を大事に扱うという観点に繋がっているのだと最近思う様になりました。ここで一つ物を長持ちさせる秘訣として、道具というのは使っわなければ古くなるだけ、使う事で道具自体の良さが引き立って行き、それが丈夫さに繋がり、愛着に繋がり、物が長持ちする、そういう風に思います。